マイナースポット、珍食材、珍味、郷土料理、昭和レトロ巡り、メタルカバーを徒然に

マイナースポット、珍食材、珍味、郷土料理、レトロ、マイナーなものを徒然に

シャキシャキじゃがいも

シャキシャキじゃがいも

再び 鳥や橙 のメニューですが、こんなものを見かけた

(↓鳥や橙 の鶏肉餃子↓)


rydiarena.hatenablog.com

 

シャキシャキじゃがいもの冷菜

 

シャキシャキだと!?

 

今までじゃがいもは

ホクホク(じゃがバタ)かモシャモシャ(ポテトサラダ)かサクサク(フライドポテト)かパリッ(ポテチ)しかないのだが、

 

シャキシャキとな!?

 

早速注文。

 

どんなものかも想像できませんでしたが、小鉢として出て来ました。

 

f:id:rydiarena:20190615154315j:plain

 

 実食。

 

った、確かにシャキシャキだ。

 

どーやってこの食感を出したんだ??

 

お味は、塩系にほんのり和風の味付けで美味です。

 

うーむ。家で作れる代物なのかどうかも不明。

 

www.google.com

 

鶏肉餃子

鶏肉餃子

鳥や橙(茅ヶ崎駅近くの居酒屋)でこんなメニューを見た。

 

鶏肉餃子

 

ぬう。

確かに餃子といえば、豚ひき肉をイメージするところ、鶏肉で餃子とは発想が面白い。

(鶏かわ餃子ってのがありますが。。)

 

さっそく注文しようじゃないか。。

 

写真だと分かりにくいですが、結構大きめです。

 

f:id:rydiarena:20190615152251j:plain

 

では、実食。

 

うむ。おいしい。(まあ、餃子でハズレはあまり引きませんが。。)

肉たっぷりです。

 

 

鶏肉ひき肉だと、淡白な感じかなと思っていましたが、

ぼんじりを使っているらしく、豚肉の餃子に負けないジューシーさです。

 

大将にもっと鳥脂ブシャーレベルバージョンも、これとは別途創作して欲しいところだ。。

 

季節によって料理メニューも変えているそうなので、また来よう。

 

www.google.com

 

 

マグロのテールステーキ

マグロのテールステーキ

 

いつものスーパーで、こんなものが売られていた。

マグロのテール。しかも本マグロと来たもんだ。。

 

迷いなく購入。

f:id:rydiarena:20190512183827j:plain

 

で、焼いてみた。

焼く前に、骨の中心にあったコラーゲン的なものは全て溶けた。

 

居酒屋とかで食べたことはあったが、自分で調理するのは初めて!

 

焼くのに多少時間がかかったが、おいしそうに焼けた。

 

f:id:rydiarena:20190512183839j:plain

 

いざ、実食。。

まずいなどあろうはずがない。(〇チローか)

脂がのってとてもおいしい!!

 

ただ、可食部が少ない。。

 

半額の222円で購入したが、444円だと、やはり中々手が出しにくいのであろう。

 

大量に半額で売られていたよ。。

 

こりゃー仕入れ担当者は怒られるな。。

 

あれから店頭で並んでいない。

 

私のような変わったものが好きなものからすれば、是非置いて欲しいのだが。。

 

キジの焼き鳥

キジの焼き鳥

愛媛県を旅行中、新居浜をフラフラしていると何やら物産展をやっていた。

旅行行程には入っていなかったけれども、珍食材があるのではないかとの期待を込めて

足を止めた。頑張って駐車場から結構歩いたぜ。

 

あるじゃないか珍食が!!

 

キジの串焼き

 

f:id:rydiarena:20190427175851j:plain

早速並んで購入。

 

1串300円でこの量なので、普通の焼き鳥屋で食べる焼き鳥の2倍ぐらいか。。

まあ、物産展の価格もあるでろうと、迷いなく購入。

 

f:id:rydiarena:20190427175903j:plain

 

いざ、実食。

 

うむ。特に癖はないが、ジューシーさが乏しい。

鳥のもも肉1:ささみ3で配合したような感じの、食感とジューシーさです。

 

まあ、お値段と味を考えれば、普通の焼き鳥の方がコスパがいいと思いますが

食べて損はないですね!!

ばとう(マトウダイ)のお刺身

ばとう(マトウダイ)のお刺身

近所のスーパーでこんなお刺身が売られていた。

 

ばとうの造り

 

f:id:rydiarena:20190204215811j:plain

 

ばとう → 馬頭 と予測し、勝手に、馬面ハギ系かと思っていましたが、

返って調べてみると、マトウダイとのことで、全然違った。

 

買う際に、嫁にカワハギ系かな とか言って買ったのに、全然ちゃう。。

 

そもそも、マトウダイを知らなかったが、こんな感じで

ソフトな深海魚っぽい。

Zeus.faber 2.jpg

エサを捕獲するときは、下のようになるらしく。

ゴブリンシャークと同じやないかい。

ããã¦ãã¤ã®å½¢æåç

 

 

f:id:rydiarena:20190204215817j:plain

さっそく、実食。

 

ふむ。特に臭みもなく、美味。

だが、真鯛やらのよく見る白身の魚より、わずかにクセがあるような気がする。。

(食べ慣れていないためかしら。)

 

日本海側ではよく食べるらしいのですが、どちらかというと西洋料理に使われるらしい。

 

ほぼ、赤文字以外、完全にネット情報の記事になってしまった。

 

 

ギギ(ナマズ系の魚)のかば焼き

ギギのかば焼き

 

京都の錦市場で、なんとギギ(ナマズ系の魚です)のかば焼きが売られていた。

 

ギギと言えば、苦い経験がある。

 

この魚、トゲがあり毒がある。若かりし頃釣りをしていたのだが、ギギが釣れた。

 

釣り人たるもの、当然トゲの存在は知っていたが、針を外そうとした瞬間に暴れられて、思いっきり指を刺されたんですわ。。

 

そのあとは、1日中指がジンジンして、辛かったぜ。

 

前振りが長くなったが、20年の時を経て、

今こそ、ギギをいざ食わん。(なんのこっちゃ。)

 

早速購入。

f:id:rydiarena:20181223213900j:plain

 

 

見た目は、分かりずらいが、ナマズっぽく、ギギだな。

 

実食!!

 

うーん。ウナギ、アナゴのようなジューシーさがない。

小骨も多く、あまり美味しくない。。

 

まずは、ちゃんとしたナマズ料理を食べたいね。

埼玉の吉川はナマズ料理が有名らしいので、一度行きたいと思っているのだが

遠すぎていけないのよね。

 

 

うずらのかば焼き

うずらのかば焼き

 

京都の錦市場でウズラのかば焼きが売られていた。

 

同じく、スズメのかば焼きも購入しているが、

こちらの方が、味は期待できそうだ。

 

スズメ

 

 

rydiarena.hatenablog.com

 

 

なんせ、うずらの卵は日頃よくお世話になるからね。

 

f:id:rydiarena:20181223212904j:plain

 

実食。。

 

うーん。。

スズメ程ではないけど、旨みが足りない。。

不味くて食えないことはないけれど、あまり沢山は食べるはきついかな。。。

 

タマゴは食べやすいけど、親の方は今一つかねえ。。。

スズメのかば焼き

スズメのかば焼き

京都の錦市場でスズメのかば焼きが売られていた。

 

早速購入。

 

うーむ。見るからにあまり美味しそうには見えない。

これは2匹分かしら。

f:id:rydiarena:20181223212310j:plain

 

いざ実食。

 

ぬぅ。。

 

ジューシーさがなく、旨みもほぼない。

少し獣的香りもある。。

 

小骨ごとバリバリ食べる感じになる。。

 

うーむ。

はっきり言って、美味しくない。。

 

そして、1本400円もしたぞ。

 

とは言っても、食糧難になったら、当然に貴重な食べ物になるのは間違いですね。。

 

 

 

ウルテ(牛の器官)

ウルテ(牛の器官)

 

焼肉で一番好きな部位は?

と言われると、自分は間違いなくウルテになります。

 

牛の器官です。

 

置いてあるお店は少ないですが、関西圏ではたまにあります。

 

初めて食べたのは奈良旅行中に寄った焼肉屋(情熱ホルモン)でしたね。

 

焼く前の画像がこちら。

 

f:id:rydiarena:20181216210421j:plain

 

焼くとこんな感じ。

見た目はまあ、触れないでくれたまへ。

f:id:rydiarena:20181216210430j:plain

 

お味はというと、かなりコリコリしており、内蔵系ではないので癖は全くありません。

味はあまりないので、歯ごたえと、味付けされたタレを楽しむものです。

 

ホルモンは一切駄目な嫁も、これはかなり食べますね。

 

余りに気に入ったので、近くの精肉店で何とか取り寄せてもらい

勝手焼いてみた。

f:id:rydiarena:20181216210437j:plain

 

なんか違う。

というか、固すぎて噛みきれない。。。

 

お店のおばちゃんが、固そうだからとある程度切れ込みを入れてくれたが、

おばちゃんの切れ込み愛では足りなかったよ。。。

 

やはりお店のように、毛虫かイソギンチャクみたいな感じまで、細かい切れ目を入れないと、あの食感は出せないようだ。

 

しかし、どうやってあの細かい切れ目をいれているのだろうか。

 

ウルテ専用細かく刻み器 的な器具があるのであれば、ぜひ欲しい。

 

すじ、軟骨系ですので、翌日胃もたれもしません。

 

是非見かけたら食べていただきたい食材です。

 

Amazonにもあるじゃねーか。

こっちで取り寄せよう。

 

黒毛和牛ホルモン ウルテ 200g単位!

黒毛和牛ホルモン ウルテ 200g単位!

 

 

 

 

たこ卵

たこ卵

京都の錦市場をふらついているとこんなものを見つけた。

 

たこ卵。

おそらくイイダコの頭にウズラ卵を入れている。

 

いや、こりゃ食べる前から上手いに決まっているでしょう。。

 

早速購入。1,000円と観光地価格で少し財布に痛い。。

f:id:rydiarena:20181201213208j:plain

 

実食。

 

うん。おいしい。

煮付けたイイダコに煮タマゴがマッチ。

 

お味は想像するに容易でしょう。

f:id:rydiarena:20181201213213j:plain

 

ちょっと高いけど、錦市場で是非食べて欲しい逸品です。

 

私は、お持ちかえりで、宿で必殺仕事人Ⅳ最終話を観ながら美味しくいただきました。

必殺仕事人Ⅳ最終話は観たことがなく、わざわざ今日の京都旅行まで観ずに、置いておいたのだ。

 

どうしても京都で観たかったから。

 

熊肉の大和煮

熊肉の大和煮

いつもの平翠軒で見つけたので購入。

平翠軒↓

rydiarena.hatenablog.com

 

左から、イナゴ、あかひら、いのしし、熊肉となる。

店員さんから ワイルドですねー と言われちまったよ。。

苦笑いしながら、購入。

 

いや、そもそも平翠軒さん。そういった珍食材扱っているお店でしょ!

f:id:rydiarena:20180930114329j:plain

熊肉

 

こちらも、並べて写真とって満足してしまった。

開封した熊肉の画像がない!!

 

そのお味は。

うーん。煮込んでいるわりに、獣くささが割とある。

こりゃー煮込んでなければ、更に獣っぽいかもしれんね。。

 

ただ、いつかは缶詰じゃなく、焼き肉で食べてみたいぞ。

北海道にはなかな行けないな。。。。

 

20代の頃、関西から、北海道の稚内まで車で行くという暴挙にでたけど

もうそんな体力はない。。。

 

 

Amazonでもありました。 

北都 熊肉大和煮缶 80g

北都 熊肉大和煮缶 80g

 

 

イノシシの串焼き

イノシシの串焼き

日岡山マラソンに走ったのですが、(5.6キロメートルの方)、完走後、出店をざっと見てから帰ろうとすると、こんなものがあった。

 

イノシシの串焼き!

これは食べるしかない。

早速購入。

400円か。。。ちょっと財布に痛いな。。

 

f:id:rydiarena:20181117084315j:plain

 

さて、お味はというと

肉は固く、臭みなし!

 

走った後なので尚更うまい。

 

もっと獣っぽい感じがするかと思ったが、味的には

津山ホルモンうどんのたれに、カレー用の牛肉をかけて串焼きにした感じ。

 

イノシシ肉の味を味わうため、塩焼が食べたかったが、たれしかなかったのが残念。

 

 

蜂の子缶詰

蜂の子缶詰

 おなじみの平翠軒で、蜂の子缶詰が売られていたので、購入。

平翠軒↓

rydiarena.hatenablog.com

 

 

うーむ。やはり見た目が。。

色が黒くなってるのは、成虫になりかけてんじゃねーのか???

もう少し大きいと思っていたのですが、米粒大です。

f:id:rydiarena:20180930111638j:plain

蜂の子

(左は同じく平翠軒で購入したくさや)

 

お味は・・・。うん。普通に食べられる。

味付けて似ているわけですから、イナゴの佃煮と同じようなものですな。

 

たまにシャリっとする食感があるやるに当たる気がするのだが。。

 

いつかは、缶詰じゃなくて、ちゃんとしたやつを食べてみたい。

 

特に、どこの名産というものではなさそうです。

 

Amazonでも売ってますね。

 

花九曜印 蜂の子花九曜煮 F3 65g

花九曜印 蜂の子花九曜煮 F3 65g

 

 

 

 

ジャンボシイタケ

ジャンボシイタケ

 くどいようだが 道の駅ええじゃん尾道 でこんなものが売られていた。

 

単に しいたけ として売られていたが

 

でかい。。

 

 

f:id:rydiarena:20181029233526j:plain

 比較対象としてビスコを選択したのは失敗だったが、

フライパンの面積ぐらいと思って頂ければしっくりくると思います。

 

焼くと縮んでこんな感じ。

エイ(魚)やな。。

f:id:rydiarena:20181029233533j:plain

焼き上がり直前に、醤油を少し垂らして、焦がし醤油で。

 

いざ、実食。

 

・・・予想通り、火が通っていない。生焼けだ。。。

 

いや分かってたさ。。

 

小さく切るのが絵的に嫌だったのさ。

 

ただ、きっちり焼いていたとしても、やっぱりここまで大きくなると

食べごろが過ぎてしまっていた間はありますね。。。

 

ツルムラサキ

ツルムラサキ

 

道の駅ええじゃん尾道 でツルムラサキという野菜を見つけた。

 

そもそもは道の駅ええじゃん尾道では

フォアグラハギといって、肝が通常のカワハギの3倍あるカワハギが売られている

との情報を知り、行ったのがそもそもなのですが

 

おばちゃん曰く、養殖が追いつかないので、何らかのイベントとかでないと出回らないんですと。

何と。

 

すぐ売り切れるとのことで、休日に老体に鞭を打って早起きしていったのに

そもそも、店頭に並ばないのであれば、どうしようもない。。

 

いつか食って見せるぜ フォアグラハギ

 

前置きが長くなったが、ツルムラサキはこんな感じ。

 

f:id:rydiarena:20181029233751j:plain

どう料理していいのか、皆目見当もつかない。

 

ネットでレシピを調べても良かったけど

 

ツルムラサキの真の味を味わうのであれば

単に塩コショウのみとちょっと肉で炒めるんじゃい

ということで

 

完全に適当に作ってみたのがこちら。

 f:id:rydiarena:20181029233800j:plain

 ・・・炒めると小さくなって、肉の方が多いな。。。

 

で、実食。

 

うん。見た目通り青臭い。

 

ちゃんとレシピ見た方がよかったのだと思いますが、

それでもそこそこクセのつよい青臭さだわ。

 

ちゃんとした日本料理人だったら、下処理からし

美味しい小鉢にするんだろうな という野菜でした。

 

トーシロが、塩コショウで炒めるだけじゃ、駄目かな。